title
home ny便り products BIN KUSUYA BBS LINK
☆カーソルを近付けると写真が替わります
韓国の焼酎ジンロー

☆カンミオク レストラン

イカの蒸し物
☆生牡蠣
韓国風ローストビーフ
☆韓国風お好み焼き
こちらは向かいのお店「コリアン・ガーデン」のキムチ鍋
☆これが噂のソーロンタン
微笑みの貴公子ヨン様
☆韓国版「冬のソナタ」


          § 韓国レストラン §

「冬のソナタ」のお蔭で韓国ブームに湧く日本。NHKが衛星放送に続き地上波でも再放送中、やれビデオが出た、それポラリスグッズがある、と日本から冬ソナ関連情報が飛び込む。おまけにハングル講座に通い出したと友人からメールが届く始末である。

ロックフェラーセンターにある紀伊国屋書店へ出かければ、貴公子ヨン様が神々しく微笑むポスターが目に眩しいし、美容院で手にとる日本の週刊誌はどれもヨン様の記事が満載、ニューヨークの日本人社会にも「冬ソナブーム」は浸透しつつある。

娘世代にはあの「のろさ」がうざったいそうな。何をぬかす、あの純愛が解らぬか。出会ってから結ばれるまでに記憶喪失を乗り越え13年。高校生で出会った初恋の相手と三十路を迎えての初めての口づけ…ブチュブチュと挨拶代わりにキスを交わすアメリカ人には到底理解できぬであろう。

目が合うだけで耳まで真っ赤、手をつないだら結婚しないといけないと思っていた母の世代にはぴったりハマってしまったのだよ、と心の中でつぶやきながら、ティッシュをきらしていたのでキッチンタオルを1ロール抱えてレンタルビデオに涙する母であった。

そんな昨今、32丁目のコリアンタウン「カンミオク」という美味しいお店を見つけた。 本物の味を求める人たちのクチコミで広まったという、今や「NYに来たら必ず寄る店」として有名らしい。

きれいなホテルの1階にある結構広いレストランなのだが予約を取らないためか、いつ行っても入り口には長蛇の列が出来ている。メニューはどれも新鮮な野菜や肉、魚介類を使っていて、特製のタレをつけて食べる白菜は生のままでもこんなに美味しいものかと「目からウロコ」である。

特にお薦めは「噂のソーロンタン」牛の骨などをじっくり祉jューはどれも新鮮な野菜や肉、魚介類を使っていて、特製のタレをつけて食べる白菜は生のままでもこんなに美味しいものかと「目からウロコ」である。

特にお薦めは「噂のソーロンタン」牛の骨などをじっくり煮込んだ真っ白のスープにごはんと麺と薄切り牛肉が絶妙のバランスで入っている。それに自分で天然の塩と青葱で味付けをしていただくのだが、牛なのにあっさり、なんとも上品なお味である。

好みの薬味と共に野菜に巻いて食べる生牡蠣も、韓国風ローストビーフも、そして韓国風お好み焼きも文句無しの美味しさ。一緒に出てくる自家製キムチがこれまた辛くなくてグッド。いや辛いのだけれど、それぞれの野菜の甘味がより引き立つ辛さなのである。

ごはんがごはんがすすむくん…まずい…が美味い。一緒に飲んだ「韓国酒ジンロー」でほろ酔いながら、ヨン様が水割りで呑んだのもジンローかなあ…と「韓国版十勝花子と館ひろし」をまじえての酒場のシーンに思いを馳せた宵であった。

そして帰り道、酔った勢いでついにゲットしてしまった。もちろん、ヨン様の生声を聞くための、韓国版ノーカット英語字幕スーパー「冬のソナタ」である。

 

 

Back<< PageTop >>Next